スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

小沢一郎氏の講演、民主党の代表選出馬は表明せず 

菅総理は新人議員と意見交換会のようなものを連日開催していますが、
この講演会はそれに対抗するという目的もあるのでしょうね。
小沢vs菅の戦いが最近激化しているような感じがありますが
代表選に出馬するのかしないのか、早くハッキリしてほしいです。
 9月の民主党代表選に向けた動向が注目されている小沢一郎前幹事長は25日午前、都内で開かれた自ら主宰する「小沢一郎政治塾」で講演し
「為替が円高に振れると、外需に頼り過ぎの日本経済は大きな打撃を受ける。政治、経済は不透明で不安定な状況になることは間違いない」と述べ、経済の先行きに危機意識を表明した。

ただ「この政治塾は下世話な政局話をする場ではない」として代表選への言及は避けた。

 講演は一般の塾生向けだが、小沢グループの働き掛けで議員約50人が講演を傍聴。このうち新人議員は30人余りだった。菅直人首相が連日開催している新人議員との対話集会に対抗したものだ。




 民主党が大敗した7月の参院選以降、小沢氏の講演は初めて。代表選で再選をめざす首相への対抗馬擁立を模索している「反菅」陣営には小沢氏出馬論が出ており、小沢氏は24日夜、鳩山由紀夫前首相との会談で「一両日中に判断したい。そのうえで鳩山さんに相談したい」と語った。

 ただ鳩山グループには首相と小沢氏の全面対決を避けるべきだとして慎重論が強まっている。鳩山氏自身も24日夜の会談で小沢氏に「現時点では菅さんを支持したい」と伝えた。

鳩山氏側近の中山義活氏は25日午前、小沢氏に近い樋高剛、山岡賢次両氏と相次いで会談し、小沢氏に出馬要請しないよう求めた。
小沢氏講演、民主代表選に言及せず - 日本経済新聞

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム 
月別アーカイブ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。