スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

仙谷由人官房長官、円高対策については首相や日銀と検討も 

円高がますます進行しているので、早く対策を打たないと
海外へ進出している企業を中心に景気への打撃が心配です。
政府や日銀が一丸となって対策ができるように、
仙谷官房長をはじめ菅首相や野田財務相との協議を慎重にしてほしいですね。
[東京 25日 ロイター] 仙谷由人官房長官は25日午前の記者会見で、円高の進行について、過度な変動があれば実体経済や金融安定に大きなマイナスの影響を与えるため、十二分に注視していく必要があると述べ、警戒感を示した。


 さらに市場動向について「今朝がた菅直人首相と今日の段階での見守り方を話し、きょう昼には野田財務相も含めて分析を突き合わせてみたい」として対応を協議することを明らかにした。


 仙谷官房長官は、円高に対する政府・日銀の対応の遅れについて問われ、「リーマンショックやその前のサブプライム問題から始まる過剰流動性問題は一筋縄ではいかない」との見方を示し、対応が難しいとの認識を示した。

その上で「短期的にはセントラルバンクがどうするのか、あるいは為替について政府がどうするのか、動く余地がないわけではないが、本来的な過剰流動性があり、おカネがどう動いているかにより相当いろいろなマーケットが左右されることだとみている」と述べた。
短期的に政府・日銀の動く余地も、首相・財務相と協議=官房長官 - ロイター

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム 
月別アーカイブ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。