スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

改造内閣を発足 「脱小沢」の人事になる見通し 

幹事長は岡田氏がなるのですね。

岡田氏は外務大臣としても様々な活動をしていましたが、後任は誰になるのでしょうか。

小沢氏の人事は明らかになっていませんが、菅総理の言葉からすると
小沢氏も何かの役員になる可能性がありますね。
菅総理大臣は17日、改造内閣を発足させます。これに先立って党役員人事を固め、幹事長に岡田外務大臣を起用するなど「脱小沢」を鮮明にしています。

 これまでに固まっている党役員人事は、岡田新幹事長のほか、玄葉政調会長は留任させて閣内に残します。また、国対委員長には、野党時代の経験を生かして鉢呂衆院議員の起用が内定しました。執行部の主なメンバーが菅総理を代表選で支持した議員で固められることで、岡田新幹事長のもとで新たな「脱小沢」体制の象徴となりそうです。

 菅総理大臣:「(Q.小沢前幹事長の処遇は)小沢さんについても、いろいろお願いしようと思っています」

 一方、菅総理は挙党態勢を目指す姿勢を示すため、小沢前幹事長と輿石参院議員会長に代表代行の就任を打診しました。ただ、小沢氏、輿石氏ともこれを断る可能性があります。

 一方、閣僚人事では、仙谷官房長官と野田財務大臣、蓮舫行政刷新担当大臣の留任が固まっています。また、岡田外務大臣の後任に前原国土交通大臣を横滑りさせ、馬淵国土交通副大臣を大臣に昇格させる方向になっています。

民間から片山前鳥取県知事を総務大臣に起用することが有力になっています。菅総理は午前に開かれる両院議員総会で党役員人事の了承を得た後、午後には内閣改造に着手し、17日中に新内閣を発足させることにしています。

きょう内閣改造断行 党人事は「脱小沢」強化へ - テレビ朝日

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム 
月別アーカイブ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。