スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

民主党代表選、国会議員の支持は両氏互角 

サポーター票は菅氏が優勢、国会議員の支持も互角だと、小沢氏にとっては厳しいですね。

まだどちらの支持も決まっていない中立派の議員を
どれだけ自分の支持に回せるかがカギになってきますね。

国会議員票でどんでん返しはあるのでしょうか。
 菅総理大臣の優勢のまま、民主党代表選は14日に投票日を迎えます。午後には、国会議員による投票が行われ、菅総理と小沢前幹事長の一騎打ちに決着がつけられることになります。

 代表選の会場となる都内のホテルでは、午前3時過ぎからすでに締め切られた党員・サポーター票や地方議員票の開票作業が始まっています。党員・サポーター票などでは、世論の支持を背景に菅総理が優勢とみられています。

 菅総理大臣:「最後まで私の考え方を伝えるよう、全力を挙げたいと思っています」

 菅総理は13日夜、総理公邸で投票直前に行われる演説の内容について詰めの調整を続けました。

 一方、小沢前幹事長は、昼間は連合などの支持団体を回ったほか、所属の衆参両院の議員の事務所を訪ね、重ねて支持を訴えました。最新の情勢では、411人の国会議員票のうち、菅総理支持が193人、小沢氏支持が192人と互角の戦いとなっています。ただ、態度を決めていない議員が約25人いて、その動向が勝敗を左右することになります。


【代表選】「菅総理優勢」変わらず きょう投票 - テレビ朝日

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム 
月別アーカイブ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。