スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

自民党・石原幹事長、「小沢氏が勝ったら政策的に全く相容れない」 

つまり、石原氏は菅氏を支持しているということですよね。

もし小沢氏は勝った場合、自民党は協力しない、ということでしょうか。

そうなると、国会内での分裂で大きな混乱が起きるかもしれませんね。

小沢氏が勝ったとしても、そのようなことはないよう、意見交換や会談などで
政策の方向性を決めて欲しいですね。
自民党の新しい幹事長に就任した石原伸晃氏は、JNNなどのインタビューに応じ、民主党の代表選で菅総理の続投が決まれば、政策面での協力も可能だという考えを示しました。

 「小沢さんが勝った場合は、実は政策的に全く相容れない。バラマキですから。菅さんが続投した場合、財政規律、やっていかなければならない、消費税はちょっとぶれているから分かりませんけれども、私たちの政策に対して理解を示す部分もきっとあると思いますね」(自民党 石原伸晃幹事長)

 石原幹事長はこのように述べ、民主党の代表選の結果、小沢氏が総理大臣になれば、国会運営も不透明になるものの、菅総理続投の場合は協力もありうると説明しました。

 一方で、石原氏は、自民党と民主党の根本的な政策の違いにも触れ、「国会で議論をしたら、どちらが正しいのかということは多くの国民の方が判断できると思う。解散のチャンスは見つけることは出来るのではないか」と述べ、引き続き、早期の解散総選挙を求める姿勢を示しています。
自民・石原幹事長、菅首相続投なら協力も - TBS News

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム 
月別アーカイブ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。