スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

経済対策、20万人雇用創出見込む対策を 規制改革などに予備費投入 

雇用対策で卒業後3年以内の若者を採用した際の補助金制度ができるのはありがたいですね。

今の雇用は、若者にとってとても厳しいものになっていますから。

円高への対応もあるので、政府のこの制度で
雇用が良くなったり、円高が緩和されることを期待しています。
政府は10日、円高やに対応する経済対策を閣議決定した。雇用、投資、消費、防災、規制改革の5本柱に今年度予算の予備費の残りの9150億円の国費を投入。民間工事などを誘発するため、事業規模は約9.8兆円に達する。内閣府の試算では今回の対策は国内総生産(GDP)を実質0.3%押し上げ、約20万人の雇用創出・下支え効果を見込む。

 今回は国会の議決が要らない2010年度予算の予備費ですばやく対応する狙い。財源が限られ、景気刺激効果も乏しいため、補正予算、2011年度本予算と続く3段構えの政策対応の第1段階と位置づける。

 雇用対策では、卒業後3年以内の既卒者を正規採用した企業に1人100万円の奨励金を支払う制度を設ける。トライアル雇用(試行採用)で3カ月の試用期間中は1人月10万円、正社員として採用すれば1人50万円の計80万円を企業に支払う奨励金を創設する。

 採用意欲が高い中小企業と大企業志向が強い新卒者のすれ違いを解消するため「大卒・高卒就職ジョブサポーター」を約1800人に倍増する。雇用関連で約1400億円の国費を投じる。

 焦点の円高対応では「政府は必要な時には為替介入を含め断固たる措置をとる」と介入を明記して、投機筋の動きをけん制した。デフレ対応でも「日本銀行に対しては、さらなる必要な政策対応をとることを期待する」と表明した。日

銀は先月30日に資金供給を増やす金融緩和策を決めたばかりだが、直裁的な表現で追加策を求めた。
経済対策、事業規模9.8兆円に 20万人雇用創出見込む - 日本経済新聞

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム 
月別アーカイブ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。